【第59号】/ 大企業への利益誘導グローバル化と経営者変わるアメリカ外交翼賛体制の暴走出向攻撃との闘い民主党の逃げの姿勢レクサス販売店詩 詭弁の人失業者への仕事起こし恐怖の独裁政治へ
新世紀ユニオン 06-6452-5833     / ホームニュースの目次前号次号

投稿

◆レクサス販売店をのぞきました


 今日、平成17年8月30日(火)にレクサス奈良八条がオープンしました。私は夕方早速立ち寄ってみました。トヨタの超高級車を買うつもりもないのに年収の少ない私は、入るお店を間違えたような気がします。

 レクサス販売店は、日本でよく売れている高級外車のベンツやBMWの販売店に対抗して、とにかくこぎれいになっています。店員さんによる客追いはありません。商談用のテーブルは半個室となっており、いすは全て黒本革です。

 トイレは、大便器は洋式の温水洗浄便座で、ふたは自動で開きます。トイレの壁は鏡になっており、自分の姿が映し出されます。車の点検待ちのお客様に対しては、オーナー専用の液晶大画面付きの待合室があります。

 展示されている車は、汚れを防止するためのビニールは一切してありません。車の室内灯は、LEDでほんのりと照らしています。もてなしを強調しています。店を出るときに少し上等なひも付きの紙袋入りでパンフレットを渡されます。どちらかと言えば、モーターショーと言う感じです。

 私は、今日は時間の関係でレクサス店のごく一部しかみることはできませんでした。トヨタに興味ある方はもちろん、トヨタ不買主義者の方々にもぜひ立ち寄ってもらいたいと思います。

 トヨタの本心は、ごく一部の金持ちに対して優越感を与えることだと思います。

 レクサスが欲しいと思ったら、レクサスでは決して手に入らない魅力を持った車を探すことをお勧めします。特に4WD(AWD)のセダンは要注意です。レクサスGS350とIS250のAWD車はスバルやアウディと比べてどうかは見ておいた方が良いと思います。


【第59号】/ 大企業への利益誘導グローバル化と経営者変わるアメリカ外交翼賛体制の暴走出向攻撃との闘い民主党の逃げの姿勢レクサス販売店詩 詭弁の人失業者への仕事起こし恐怖の独裁政治へ
新世紀ユニオン 06-6452-5833     / ホームニュースの目次前号次号